Archive | 6月 2014

空間

進化心理学の研究によると、哺乳類であるヒトのメンタル面での振る舞いは、その生物学的な発育の道中で創られてきた
と分析されています。私たちが恋愛に熱中するのは進化心理学上では、子どもを残すためと言われています。
よく話す女性から恋愛相談を持ってこられたらスマートに耳を傾けないと、信頼を得るなどとは逆に呆れられてしまうケ
ースも頻発してしまいます。
恋愛をする上での悩みは様々だが、大きく分けて自分とは異なる性に対する本有的な緊張、不安、異性の気持ちが理解で
きない悩み、ベッド上での悩みだろうと推測しています。
心理学の定めによれば、恋の吊り橋効果は恋愛の初頭にマッチする戦術です。想いを寄せている方にある程度、苦悩や悩
みなどのマイナス要素があると分かる時に利用するのが適しています。
相手の男性をモノにするには、フィクションの恋愛テクニックとは異なる、その男子について精神分析しながら確実な計
画でもって向こうの出方を見ることが成功へのカギとなります。
恋愛においての悩みという思いは、案件と事態によっては、しつこく相談することが困難で、キツい荷物を内包したまま
何もできない状態に陥りがちです。
ありふれた毎日の中で一緒の空間にいた人がちりほども好きな要素がない場合やちりほども対象ではない年齢、或いは恋
愛対象となる性別ではなくても、一度の出会いを持続することは必須事項です。

This entry was posted on 2014年6月14日.