Archive | 3月 2015

らぶら

一般的にラブラドールなんかは色々と習得し、飼い主のしつけ方が適切だと、潜在能力を目覚めさせられる、見事なペットになるとみられます。
オーナーとの上下関係を柴犬は本能で感じるそうです。柴犬を飼っている皆さんは気後れしたり、一歩譲ったりということをしないようにして、しつけなどを的確にすることが肝心です。
もしも犬が痛みがあって鳴くのは、かなりの重大事です。よって、犬が無駄吠えをしているきっかけが身体に異常があるせいだと考えられるときは、近くの動物クリニックなどで診てもらうべきです。
例えば、何かに怖さを感じていて、これが原因で吠えるという行為が引き起こされていれば、ただ単純に恐怖の対象物を取り除くだけで、無駄吠えの行動は止めることも簡単です。
犬が噛む背景は、大概はしつけで体罰を与えたり、逆に甘やかしによるパワーの反転に起因しているはずです。今思い返すと、甘噛みしていたのを大目に見ていませんでしたか?
無駄に吠える犬のしつけだけじゃなくて、あらゆるしつけに通じることですが、犬に大切な事をしつけた後に褒める際は、賞賛してくれる相手次第で、その効果は全く変わると言われています。
大人の犬でもトイレだけでなくそのほかのしつけも問題なくできますが、ただし、その成犬が現在の環境に慣れ親しむのが大事です。
基本的にリーダーウォークは、散歩中のしつけの手段ではありません。犬と飼い主との主従の関係を築くための精神戦のようなものになります。ですから、焦るなどしてはいけないと思います。
とりたててしつけておきたいのは、飛びつきのようです。例えば、急にラブラドールが誰かに飛びついたあと、その人をそのまま噛みついてしまった末、ケガを負わせてしまうことがあっては困ります。
可愛らしい子犬なので、甘やかしてあげたくなるものですが、そんな時こそ、一般手的なしつけというのをそれなりにするのがおススメと言われています。

This entry was posted on 2015年3月20日.